スポンサーサイト

Posted by 友進 on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上半期

Posted by 友進 on 01.2012
Category : 建築
早いものでもう六月。2012年の上半期もそろそろ終了。
相変わらず周りの助けをお借りして、色々な仕事をさせていただいている。
斫り屋さんに解体屋にハウスクリーニングにペンキ屋さんと色々勉強させていただいた。
仕事をくださるみんなに感謝してます。 ありがとうございます!

そして型枠解体の仕事をキッパリ辞めてからそろそろ一年。
色々動いていたが、先日初めて木造の解体の仕事を請けでやらせてもらう事になった。
前に応援に行っていた解体屋の元請けさんからの仕事だったのだが、使っていた解体屋が辞めてしまった為、自分の所に仕事が回ってきた。
木造の一軒家を手壊しする解体仕事だったのだが、正直とても嬉しかった。頑張って腐らずにやってきてよかった。 
これからも色々な仕事を経験させていただき、こうやって新しい仕事を請けれるように頑張らなくては!
まぁ、金銭的にはギリギリの所だったけど、なんとか赤字は出ずに済んだ。
下半期も頑張ろう!

携帯 312
これがその解体現場。 呪怨の家みてーだな・・・。

DSC_0068.jpg
行くぞぃ!

DSC_0105.jpg


DSC_0101.jpg
2階終了!
DSC_0104.jpg


DSC_0114.jpg


DSC_0119.jpg
ここでユンボとトラックをリースで借りてきて・・。

DSC_0116.jpg
残りは基礎だけ! もうちょっとだっ! 

DSC_0123.jpg
足場を安くやってくれたペンキ屋の正太。応援に来てくれた健雄君。 そしていつも色々教えてくれるセイちゃん。 みんなの助けがあったからできました。 ありがとう!
また頑張るぞ!
スポンサーサイト

ペンキ屋さん

Posted by 友進 on 26.2011
Category : 建築
先々週からのお仕事は、友達が経営しているペンキ屋さんの所へ行ってきた。
このペンキ屋さんという職業も初めて経験させてもらったのだが、これがまた、最近色々お仕事させていただいてる中では  職人 という言葉が一番合っている職種だった。
今までのオレの中のペンキ屋さんのイメージは、(まぁ、力も使わないだろうし綺麗にペンキを塗れればいいんだろう?)的な軽いノリだったのだが、完全になめてました・・・。(世の中のペンキ職人さんごめんなさい。)
いや、ホントすんません。 あんなに技術が必要で、体力も必要な仕事とは思わなかったです。

今回は一戸建てと、マンションとの二か所の現場に携わらしていただいたんだけど、まずは足場組みから。
まぁ、こういう足場の組み立てや足場バラシなんかは得意分野なんでお手の物なんですけど、次は水洗い。 建物を全体を水洗いするとは知らなかったです。高圧洗浄機でその建物全体(屋根も含めて)を水洗いして汚れをおとすんだよね。
んでもって次が窓枠やペンキを塗ってはいけない場所や汚れてはいけない場所の養生。 ビニールシート付きのマスカ―というテープを、その塗ってはいけない場所に丁寧に貼っていくのだけど、これがまた慣れないとなかなか・・・。

で、ようやく塗りの作業。
このペンキを塗る作業も下塗り、中塗り、上塗りと、場所によっては同じ場所を三回も塗らなきゃいけないんだよね。  そんでオレみたいな素人がやると、ペンキを付け過ぎて塗った所のペンキがダラダラ落ちてきたり、逆に今度はペンキを付けな過ぎて塗った所が剥げてたりしてさ。 ホントに難しかった。  
屋根の上を登って塗る作業も怖くて。勾配があるから滑るし、高い場所は得意のハズだったんだけど、やはりこういう町場の現場の足場はそんな頑丈にできてないから怖くてね。 ビビりながらやってました・・・。

で、塗り終わって養生シートを剥がし足場をバラして完了なんだけど、やっぱ塗り終わった建物を見ると綺麗で、その建物も新築みたいに綺麗になってさ! いや、ホントに大変だけどやりがいのある楽しい仕事でしたよ!!


で、オレはそのペンキ屋さんでタカちゃんという職人さんに色々教わったんだけど(ハケの使い方とかね)、かなり面白い子でさ!歳はオレより下なんだけど、まぁ、言ってみればオレの中でのミヤギさんですよ。(映画・ベストキッドより)
そのタカちゃんと色々話してると、なんとタカちゃんは昔に松竹の芸人学校に通っていた事が判明。
子供が出来て芸人は諦めてしまったらしいんだけど、それを聞いてオレの中の血が騒ぎだした・・・。

現場帰りの車中。

オレ 「なぁ、タカちゃん!ただ普通に帰っててもつまんねぇからさ、道を歩いている人の服装にテーマを付けない? 笑ったら一回100円で!  例えば、ん~・・・   秋だから背伸びしてみましたっ! でも赤も取り入れて柴崎コウっぽく!とか。」

タカ 『わっっはっはっは! なんで秋に背伸びするんすかっ!しかも赤で柴崎コウって・・・! いいっすね!やりますか!!じゃあ次俺からいきますよ!』


50歳代の男性サラリーマンを見て(普通のスーツ姿)
タカ 『やるのはお前か?俺か?   どっちでもいいっ!! 映画キッチンに出てくる川原亜矢子の物まねで片をつけろっっ!』

オレ 「ぷっ、プププッ・・・ っていうか服装関係ねーじゃねぇかよっ!!(笑) っていうかよくそんな古い映画知ってんな~」

タカ 『いや・・、感心されてもちょっと・・・。』

オレ 「いいよっ、タカちゃんがそーゆー攻め方で来るんなら! じゃあ、次オレな!」

20歳代の綺麗なOL(これまたスーツ姿)

オレ 「鼻にぶっかけて! アタイの鼻に・・・。 それでアンタの鼻茸伸びるなら・・・・。」

タカ 『すんません・・。鼻茸ってなんすか・・・?』

オレ 「えっ!? いや・・、あの・・・、見た事ない?鼻からタケノコみたいのが出てる人。  っていうかオレ今猛烈に恥ずかしいんだけど・・・。タカちゃんそりゃねーべ・・・。」

タカ 『わっはっはっはっ!そーすっよね! すんません勉強不足で!(笑)んじゃ、次いきますよ!』

普通の50歳代のおばさんを見て(もう服装とか人とか関係なくなってます。)

タカ 『いきますよ・・・。    刺身が食べたいのっ! 今日はあの人との記念日だからっ!! でも捌いた後の骨もアラ汁にして頭から死ぬほど浴びてやるわっっっ!!!』

オレ 「うひゃっ~!! わっはっはっはっはっっっ! さ、刺身って・・・!何の刺身だよっ! 勝手に食えよ・・・・あ~、おもしろい・・・」



帰りの車中1時間半。 ずっとこんな事をしてました・・・・  完敗です。
ペンキ
屋根の塗り方を教えてくれるタカちゃん。 こんな体勢でペンキを持ちながら塗り歩くから足腰がパンパンに・・。写真じゃ分かりづらいけど、屋根の勾配があるから足で踏ん張ってないと落ちそうになるのです。(汗)

ペンキ2
半分終了!しかしもうこの時点で涙目に・・・。 

ペンキ3
勝った・・・。屋根終了! タカちゃんに『辛かったら言って下さい!代わりますからね!』と、言われても顔を引きつらせながら「だ、大丈夫だよ・・。だてに晩飯の時の米はタイ米にしてねーからっ!」と、冗談を言いつつも頑張った甲斐があった。 しかしこの後『じゃあ次同じ所を全部中塗りお願いします!』と言われ、タカちゃんの首を本気で締めそうになった・・・。

ペンキ4
うーん、綺麗だ・・。凄く素敵だよ・・・。 まるで穢れをを知らない少女のような・・・ やめときます。

ペンキ5
こうゆーふーに窓枠やガスメーターなど、塗ってはいけない所にマスカ―で養生するのです。 ペンキ屋さんもただ塗るだけではなく色々やる事があるんだね。 勉強になりました。

八王子にある(株)塗装工房 七彩(なないろ)
塗り替えをお考えの方は是非!腕は間違いねーよっ!  宣伝しちまったよ・・・。(笑)

やっちまった・・・。

Posted by 友進 on 07.2011
Category : 建築
先週、日頃からお世話になっている和泉電気さんの手伝いで、イルミネーションの取り付け工事に行ってきた。
和泉電気さんの応援と言っても、そのまた上に親会社がいて、和泉電気さんもその会社に応援に行くといった形だったのだが、和泉電気さんからは、社長のお兄さんであるトシさん一人と、自分と、あとはオレの所で働いているウラの3人で応援に行った。
仕事としては、クリスマスのイルミネーションを駅のロータリーや商店街に取り付ける工事で、子供達がそれを見て 「きれいだね~」 なんて笑顔で言ってさ! とてもやりがいのある、大変だけど楽しい仕事だったんだけど、問題はそこの親会社の親方だった・・・。

たぶん歳は60代半ばだろうか、名前は佐藤といった。 まぁ元気のいいというか、よく喋る親父だったんだけど、とりあえず人の話を聞かない奴なんだよね。 例えばこう。

佐藤 「次はこの飾りを付けるから、そっちからまわってくれよっ」

オレ 『はい! じゃあさっき言ってた作業はやめてこっち優先でいいんですね!』

佐藤 「いいからお前は昼までにここのルート全部付けりゃいいんだよっ! できるよなっ!? 」

オレ 『は、はい・・・。 いや・・、だから佐藤さんが言ってた飾り付けを先にやるんですよね?』

佐藤 「後とか先とかじゃねーだろう? あれだよっ!にいちゃんはずっと俺と一緒についてくりゃいいんだよっ!」

オレ 『・・・・・。』

話がかみ合わないというか、言ってる事が支離滅裂で訳が分んないのだ。こんな会話が一時間に3回ぐらいあり、オレのドタマもかなりヒートしてきたのだが、でもそこは和泉電気さんもお世話になっている会社だし、オレみたいなペーペーがとやかく言える立場でもなく、ひたすら我慢するしかなかった。

あとはこんなの。

佐藤 「おいっ、にいちゃん! これ昼までに終わらせとけよっ!あっちの作業も山ほどあるんだからよ! さっさと頼むぞ!」

オレ (こ、こんなに・・・)『は、はい・・。頑張ります。』

佐藤 「頑張るのはみんなできるのっ! にいちゃんは黙って昼までに終わらせりゃいいのっ! ったく・・。」

オレ 『・・・・・。』

もうね・・・、オレも30半ば過ぎてさ、こんなジジイにバカにされながらというか、そいつも一人親方で従業員なんかいないくせしてさ! あ~!!思い出すだけで腸が煮えくり返るっ!!!!  でも我慢、我慢。
オレは我慢してたよ~。      3日目まで・・・・。

イルミネーション工事3日目。
いつものように佐藤があーでもねー、こーでもねー言いながら一人でわめいてる。
オレ等は知らんぷりして作業してたんだけど、佐藤がまた・・・。

佐藤 「おい、にいちゃん! この電線向こうに引っ張ってくれやっ!」

オレ 『はいっ!  佐藤さん、この電線このポールの外回すんですか?それとも中にそのまま通していいんですか?』 
(普通に質問しただけだよ?ポールの中か外かだけ。)

佐藤 「おい、お前ちょっと俺の方向いて立ってみろ! そこじゃないだろっ?こっちだろ!?(首根っこ掴まれて引っ張られて。)  お前から見て真っすぐはどっちだ!? このポールの外が真っすぐか?」

オレ 『いや・・・。中に通すか外に通すか聞いてるだけじゃないすか・・・。』(もう爆発寸前です・・。)

佐藤 「ったく! (また首根っこ掴まれ引っ張られて・・。) こうっ! こうでしょ!? にいちゃんから見て真っすぐはこうっっっ! こうっっっっ!!!!(両肩を掴まれてガクガク揺らされているオレ)」


オレ 『うぉらぁぁぁぁぁ!!!!ふじゃけんなこの野郎っっっっ !!!!!てめぇさっきから人がおとなしくしてりゃあ、なんだぁ?この野郎っっっ!!! そんなもん中か外か言えばいいだけだろうがっ !しかも人の首根っこ掴んで何様なんだテメ―はっ!!! ふじゃけんなっこの野郎っっっっ!!!!』

佐藤 (ビクッ!!てして)「は、はい、お帰り下さい・・・。ウチにはそんな暴力団みたいな人はいりません。 はい、お帰り下さい。」

オレ 「ちょっ、いやっ、だっていくら仕事とはいえ人の首根っこ掴んで物を言う事はないでしょう!?」

佐藤 『はい、お帰り下さい。もうウチには来ないでください。お帰り下さい・・・。』

オレ 「くっ、うぐぐぐぐぐっ・・・。 ざけんなっ!コッチこそごめんだよっ、テメ―みたいなイカレタ野郎の仕事はっっ!!! ウラ、帰ろーぜっ!」

トシさんに事情を全て話し、トシさんもオレがずっと我慢をしてる事を知っていたから、「ゴメンな~、ったく、あのクソ親父は・・・。俺は帰る訳にはいかないから、悪いけど電車で帰れるかい? ホントにごめんな。」 と、優しくオレ達に気を使ってくれ、そこでオレもやっちまったと事の重大さに気付き我に帰った。

オレはそんな文句を言える立場にいないのに・・・。 もしこれが理由で和泉電気が佐藤に仕事を貰えなくなったら・・・。

オレはトシさんにひたすら頭を下げ続け、『とりあえず電車で帰ってすぐに和泉の社長に謝りに行きます。ホントにすみませんでした。一応帰る前に佐藤の社長にも謝りに行ってから帰ります・・。すみませんでした。』 と言い、佐藤のところへ謝りに行った。

オレ 『仕事をいただいてるのに、ご迷惑おかけしてすみませんでした。お世話になりました。失礼します。』 

佐藤 「おいっ、言っとくけどな、正しいのは俺だぞ!? 分かってるだろうな? 俺の言う事が全部正しいんだよっ!! はいっ、お疲れさん。」

オレ 『・・・・・。  はい、すみませんでした。失礼します。』

(こういう時なんだろうな~、人を危めてしまう時の人の気持って・・・。)などと思いながらウラと2人で現場を後にした。

久々に乗ったバスと電車で八王子まで帰り、すぐさま和泉の社長の所に謝りに行った。

オレ 『すんません、今日現場で佐藤さんと揉めちゃって・・。現場出禁になっちゃいました・・・。』

和泉 「えっ!? 何!?どうしたの?何があったの?」 

オレは事情を全て社長に話した。

和泉 「ふ~ん、あの野郎も偉くなりやがったもんだなぁ~、シンヤに関わらずウチの人間にそんな事するとはなぁ・・・。 大丈夫だよ!俺があんな会社ブっ潰してやっから!』と言い、携帯を取り出しトシさんに電話を掛けていた。

「おいっ、どういうことなんだよっ! なんでウチの人間があんなジジィにそんなこと言われなきゃいけねーんだよっ!! テメ―がしっかりしてね―だからだろーがっっっ!!! おいっ、今からテメ―も佐藤の親父ブっ飛ばしてすぐ帰って来いっ!!!!!」

なぜか怒りの矛先がトシさんに向いてしまい、オレが 『いやいやっ、トシさんは何も悪くないんだよ、オレが我慢できなかっただけだから!!悪いのはオレだから! ホントにトシさんは悪くないからっ!!(汗)』と言うと、和泉がトシさんとの会話で 「何? 謝ってきた? それを先に言えよ! まぁでも今さら謝っても遅いよな~。 まぁいいや、今日だけ現場こなしてもう佐藤の所には行かなくていいからっ! そんじゃ!」と言い、電話を切った。

「あの野郎謝ってきたってよ! もう行かねーけどね! シンヤも気にしなくていいよ! あいつ頭おかしいんだよ。とりあえず飲みに行くべッ!!」と、まぁ和泉の社長には何とか許してもらえたというか、社長も気にはしなかったのだが、これが和泉電気にとって大事なお得意さんだったらと思い本当に反省しました・・・。

でも現場も色んな人がいるけど、稀に見る  嫌な奴  だったね。

田無の現場は途中で出禁になってしまったから写真はないけど、府中の商店街のイルミネーションはしっかりやってきました!
府中6
このガンタンクみたいな高所作業車に乗って

府中
こんなかわいいイルミネーションを付けて行くのです。  オレが・・・。

府中2
こんな風にね、かわいく付けていくのです。   オレが・・・・。

府中3
濡れる・・・ でもなんか、ビンボーくさいなぁ~・・・・。いや、そんなことはないっ!

府中4
よぉーし、そこのカップル。立ちバックでGO!!

府中5
うんっ。やっぱビンボーくせぇや・・。

府中7
佐藤の対応にふてくされて歩いて帰るオレ・・・。 いつか殺ってやる・・・・。

アカン、佐藤にキレたはいいが仕事が・・・。 ちくしょうっ、また仕事を探さなきゃ



白アリ駆除

Posted by 友進 on 01.2011
Category : 建築
昨日は白アリ駆除の仕事へ行ってきた。
友達が紹介してくれてさ、やったことなかったんだけど、『白アリ駆除の作業なんだけど君出来る?』と、聞かれたので、とりあえず「で、できます・・・!ボ、僕何でもやりますんで・・・。」と、半ば涙目になりながら山下清ばりに返事をして現場に行ってきた。
親受けさんが用意してくれた防虫剤を家の軒下に入って柱や基礎周りの木材に塗っていく作業なんだけど、う~ん、色んな仕事があるんだね。 そういう仕事は害虫駆除専門の業者にしか回らないと思っていたけど、まさかリフォーム会社から回ってくるとは思わなかった。

でも自分。 何でもやると決めたんで・・・・。 そう・・・、もうあの頃の星型のピアスを見るとすぐさま「ロックンルージュ・・・」と、つぶやいていたあの頃には戻りたくなかったんで・・・。

その白アリ駆除なんだけど、家の軒下って初めて入ったけどものすごく低いのね。 自分、終始ほふく前進でした。
おまけにカマドウマはウジャウジャいるし、蜘蛛の巣だらけで頭は天然スパイダーマンみたいになってるしさ。
途中気が狂いそうになったけど、そこはスチュワーデス物語は松本千秋ばりの明るさとガッツで何とかクリア―したよ・・・。

まぁ何事も経験だし、仕事を紹介してくれた友達の顔も潰す訳にはいかないからね! 気合入れてヤッつけてきましたよん!


そんな訳でそん時の写真ダス

シロアリ
ミラクルゾーンへようこそと言わんばかりに・・・・。


シロアリ2
この防虫剤をローラーと刷毛を使って塗っていくんだけど、これ白アリに効くのかな~   いやっ、効くんだよ、絶対・・・。


シロアリ3
灰色のパイプが排水管なんだけど、ちょうどオレが寝そべってこの排水管をまたいでる時に上の部屋で作業していたクロス屋がウンコしやがってさっ! そいつのウンコとオレの距離がわずか0.3ミリという・・・。 あ~っ、思い出すだけではらわたが煮えくり返ってきた・・・。


シロアリ4
(注) オレはランボーではありません。


シロアリ5
(注) もう1回言います。手にもっているのはローラーで、M16ではありません。 別に奥にべトコンが潜んでいる訳ではありません。


シロアリ6
この時身動きが取れなくなり、ふと頭の中で、小6の時に好きだったクラスメートのマミちゃんと映画 子猫物語を観に行った思い出が頭をよぎりました・・・。


シロアリ7
そりゃ作業着もケツに喰い込みますよ・・・。人間だもの。(by みつお・せんだ)


シロアリ8
そんなこんなで防虫剤をたっぷり塗りたくって任務完了。しかし人間慣れとは恐ろしいもんで、わたくし作業が終わる10分前には、もうこの軒下の中で寝っころなりながら一服してました・・。


以上、白アリ駆除作業。
仕事時間 3時間
日当  25.000円
特典  たまにトラウトマン大佐の「今すぐベトナムに居る捕虜を救出せよっ!」と、勝手極まりない指令が10分置きに聞こえてくる。

明日は東京の府中駅でクリスマスのイルミネーションの飾り付けの仕事に。 あーっ、もう何でもやるよオイラはっ! 飾り付けをしながら府中の駅周辺をうろつくマダム達を視姦してやるさっ!!!



現場の朝礼(KY活動)と、監督達

Posted by 友進 on 24.2011
Category : 建築
オレ達職人には、現場での朝の朝礼でKY(危険予知)活動というものがある。
朝の体操が終わった後、その現場で作業するそれぞれの職方さんが、その日の作業内容、その作業に対しての危険予測、その危険に対しての災害防止策を言いあうのだ。
まぁ~このKY活動というのがその建築現場のゼネコンによって様々で、やはり大手ゼネコンになればなるほど厳しく、オレ達職人にはかなり面倒というか、厄介なものなのだ。
まぁ、このKY活動で現場での事故が減っているというのも確かなんだけど。

ある大手ゼネコン、清〇建設の朝礼は、(すべての現場がそうであるかは分からないが)KYの発言の前に必ず 『オスッ!!』と、元気に言わなければならなく、(どう見てもこいつヤンキー上がりだなぁ)みたいな職人は、やはり族の集会ばりに『オウィっス!!!』なんて、勘違いしながら気合入れて言ってるんだけどさ、もう60過ぎの職方さんになると、声が震えでかい声が出ない為、オレ達には 『ト、トス・・・』 と、引っ越してきたばかりのか弱いおばさんが、無理矢理その町内のママさんバレーに入れられ、初めてその町内のボス的ババァにトスを送るときに発する声にしか聞こえなかったりするのだ。
そんで、やっぱ聞いている他の職人は笑っちゃうじゃない?職人はまぁしょうがないとしても、それを聞いたその現場の監督までクスクス笑ったりしてる事もあるんだよね。
そーいう監督を見ると頭にきて(コイツ素っ裸にして足の親指だけ真っ黒にペディキュアを塗って、初めてのスカイツリー入館日の時に無理矢理案内係で働かしてやろうかっ!!!)ぐらい思うもんね。

〇島建設や長〇工、〇成の朝礼もこれまた厳しく、新規入場者(初めてその現場に入る人)などは、あらかじめ名簿を提出しなければならないし、大型現場になれば何百人という職方さんの前で 『今日からお世話になります!〇〇工務店の〇〇です!宜しくお願いします!!!』と、元気に挨拶しなければならない。
これがまたメチャメチャ緊張するんだよね・・・。
大事な事ってのは分かるんだけどさ、やっぱこうゆうのがダメな人もいるでしょ?
緊張しすぎてカミまくる人もたくさんいるんだよね。そうゆう人が喋ってる時、やっぱ心の中で(頑張って!!!どうせ家に帰っても今経験してる緊張しすぎてカミまくり、監督に「はい、〇〇さんね、もういいよ・・。」と、軽くあしらわれた情けない経験なんて奥さんに喋らないんでしょ? いや、むしろ『今日行った現場の監督が使えねぇ奴でよ~!』ぐらいの強がりを言っちゃうんだろ?でも奥さんはそんなアンタの事を全部分かってるんだよ!だから今頑張れば今日仕事が終わり家に帰った後、奥さんが極上のディープスロートで・・・) などとオレさえ頭のイカレタ妄想にふけってしまうのだ・・。
まぁ挨拶が大事なのは分かるんだけどね、やはり人によっては緊張して挨拶が出来ない人もいるんだよ!そういう人を監督達がちゃんとフォローしてくれれば問題ないんだけどね。

あとは朝礼やるから皆集まれーの音楽。
朝礼前にスカイハイが流れるゼネコンもあるんだよね・・・。知ってる? 昔ミルマスカラスって空中殺法が得意なプロレスラーがいたんだけどさ、そいつの入場曲なんだよね。まぁ、好きか嫌いかって言われたらメチャメチャ好きだったたんだけど・・・。
で、朝現場でスカイハイを聴く度に、職人がマンションの屋上などから回転しながら飛び降りて来たり、足場の三段目ぐらいから監督にプランチャ―かましながら来るんじゃないかってヒヤヒヤもんでさ。  ある訳ないけど・・・。



まぁ、そんなこんなで現場での朝の朝礼はとても大事だとは思うけど、オレが言いたいのは、オレ達職方に色々やらせる前にお前ら所長や監督の教育もしっかり徹底しろっ!って事。
大体なんでお前らはいつも上からなんだよ。そりゃ年配の人なら多少の命令口調は分かるけど、明らかに年下の奴が 
「おいっ!お前!!誰にそこで作業していいって言われたんだ!勝手に・・」
『いや、昨日の打ち合わせでやっていいって・・』 
「昨日と今日じゃ曜日も打ち合わせも変わるんだよっ!やるなら俺に言ってからやれっ!」
なんて言われてみん? バールで後頭部フルスイングしたくなるから・・・。

まず職場の責任者と労働者の前に、人間同士って事を忘れんじゃねぇ!このファッキンジャップがっ!!!

やっぱり最後は愚痴になってしまったか・・・・。
でもKYは大事なのは分かってつもりです。あと、気のいい監督さん達もいっぱいいます。 あしからず。


ちなみにミル・マスカラスと入場曲のスカイ・ハイです。

ね?オレ等世代に朝っぱらからこの曲はヤバいんだよね・・。何がヤバいかわかんねーけど・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。