スポンサーサイト

Posted by 友進 on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父とオフクロとオレの話。4

Posted by 友進 on 26.2012
Category : 家族
「親父、 これにオフクロがサインしてくれだってよ・・・。」

『何だ!? あぁ、これか。 車の運転席にでも置いとけや。こんなもん後でサインして渡しといてやるから!』

親父はそう言うと、何もなかった様に他の職人と喋りだした。 
都合の悪い話だといつもそうだった。 この頃にはオレも親父の所で職長として何年も動いていたので、現場での不都合や他の応援代の支払いの催促の電話などがオレのとこに直接掛かってくるようになっていた。
その事を親父に言う度に 『分かってるよ!後で俺が電話しとくから!』などと言って、誤魔化す事がしょっちゅうだった。
オレも、もうそんな親父に疲れていた。

「なぁ、今サインしろよ。 どうせまた誤魔化してオフクロ殴って黙らせるんだろう?」

『後でするって言ってんだろうがっ! 誰がいつも誤魔化してるんだっ、大体お前もまだ半人前のくせして・・』

親父っ!!!! もういいべ・・・。 もうオフクロも疲れたってよ。 オレももう疲れたよ・・。」

『・・・・。』

「オレももう親父のとこ辞めて自分でバラシ屋やるよ・・。 悪いけどもう一緒にやれねーよ・・・。」

『か、勝手にすればいいだろうっ! 紙よこせ、今すぐサインしてやっから!』

こんな親父でもガキの頃はオレも(お父さん)と言って親父になついていた。 
現場で生意気な事を言う監督を「この野郎!ナメタ事ぬかしやがってっ!」と言ってバールを持って追いかけ回す親父がとても強く思えた。
歳を取っても現場でシャブ中扱いされるぐらいパワフルに動く親父をとても尊敬していた。

でも、オレもオフクロももう駄目だった。
そしてこれが親父との最後の会話だった。

後に親父の知人に聞いたのだが、この後親父は静岡にいるという愛人の家に住み着いたらしいが、そこでもうまくいく訳でもなく家を追い出され、今はどこに居るのか分からないという。
まぁ、あの親父の事だから何処かで元気にやっている事だろう。
そう願う。
あんな親父でもオレをここまで育ててくれた親父だ。
親父に一言。  ありがとう・・・。 あっ、でももう現われないでね!

次の日からオフクロは、かつてから相談していた八王子市役所の助けを借りて高知県に住む事になっていた。
離婚届けを出してもいつ親父が戻ってくるか分からないからと、前々からそういう段取りを進めていたのだ。
でもこの時点で、オフクロは親父に対する恐怖で精神的にもかなり病んでいた。
オレの方も自分で仕事を始める準備はもうしていた。
かつてから他の二人の友達を誘ってバラシの仕事を教え、オレはその友達と三人で自分の会社を作る準備はしていた。会社といっても始めは個人からの出発だったが。

そしてオフクロが高知に出発する日の朝、市役所までオフクロを車で送った。
高知に行く事は、オレとその当時から付き合っていた今のオレの嫁しか知らなかった。それほどオフクロは親父を怖がっていたのだ。
「気を付けてな、なんかあれば電話くれよ。高知なんてすぐに行ける距離なんだから。」

『うん。お母さん多分少なくとも三年ぐらいはあっちに居る事になると思うから。 シンヤも元気にね!薫さん(嫁)と仲良くするのよ! お父さんみたいになっちゃダメだからね!』
オフクロは泣いていたが、笑いながら言った。

「なる訳ねーだろう! オレは大丈夫だから。まぁ、体だけは気を付けろよ。」

『ありがとね! じゃあお母さん行くからね。 シンヤも頑張るのよ!』
そう言うと、迎えに来た職員と一緒に行ってしまった。
荷物を抱え歩いていくオフクロの後ろ姿を見た時、涙がでてきた。
別に永遠の別れって事でもないし、電話でもいつでも話せるんだけど、一緒に居てあげられないという気持ちだろうか。自分でもよく分からなかったが、涙がでてきた。そしてオフクロに何もしてあげられない自分の不甲斐なさに腹も立っていた。


こうして親父とオフクロとオレの三人はバラバラになってしまった。
でもここからオレは自分の新しい生活をスタートさせる事になったんだ。 個人だけど仲間と一緒に自分達の会社を作り、気持も高ぶっていた。
しかし、そう簡単に事が進んでいくわけでもなかった。
オレの名字は豊野というのだが、これがまたなかなか周りにはいない名字なのだ。
豊野というのはオフクロの方の名字なのだが、親父と一緒になる時に名字を変えてしまうと豊野を継ぐ者がいなくなってしまう為、親父が婿に入るという事になったらしい。 なので親父とオフクロが喧嘩するといつもオフクロが『豊野の名前を散々汚して!!』などと喚いていた。
なのでオレが独立し営業で仕事を取りに行き名刺を渡すと、『あれ?君って豊野さんの息子さん? 仕事取り来る前に親父さんにお金返してって言っといてくれない?』などと言われたり、『あの親父さんの息子か~、考えとくよ。』と言って軽くあしらわれたりすることはしょっちゅうだった。
なので最初は本当にに大変だった。建設の業界はホントに狭いので、オレみたいな珍しい名字&あの破天荒な親父の影響でそう簡単に仕事が取れる訳でもなかった。
まぁ、親父のせいばかりでもなくオレもまだガキだったし。
最初は支払いが間に合わず、アイ〇ルやタケ〇ジなどの金融をハシゴして給料を払ったり、車検台が払えないので、車検切れの車を仕事車にしてたりと、本当に大変だった。
しかしなんとか周りの助けもあり頑張ってるうちに仕事も取れるようになり、従業員も当初の3人から一時期は18人まで増えた。
会社も個人から法人にし、自分の給料もそこそこ取れるようになった。そしてオレも結婚し、いつもオレを支えてくれる奥さんと可愛い3人の子供に恵まれた。 オフクロも高知から帰ってきて、また八王子で暮らすようになった。
この間の七年間は大変な事もあったが自分なりに充実した生活を送っていた。

しかしここからがオレの本当に大変な時期に突入することになるのだ。


パソコンでオナニーのネタを検索中にパソコンがフリーズしてしまい、画面が五十路のおばさんのイキ顔に・・。小1の息子のせいにしたらカミさんに本気でビンタをくらい、本気でヘコみながらも次回に続く・・・。
スポンサーサイト

親父とオフクロとオレの話。3

Posted by 友進 on 11.2012
Category : 家族
玄関を開けると2人の男が立っていた。
一人は50過ぎぐらいだったろうか、見た目はとてもヤクザになんか見えない、いたって普通のジジイだったのだが、もう一人の男がヤバかった。
たぶん30代後半ぐらいだったと思うが、髪型はパンチパーマで太っていて目つきが鋭く、服装は変な犬の絵が書いてあるポロシャツに紺色のスラックス。そう、典型的ヤクザ丸出しの容姿だった。

オレは冷静を装うも心の中で思っていた。はい、ヤクザ。ヤクザきた。極道。いや、ジャパニーズマフィア・・。いや、どっちでもいい。 どうしよう・・・。拉致られて無理矢理工事現場などで働かせてしまうのだろうか・・。どうしよう・・・。 指とか切られちゃうのかなぁ・・・。恐怖心で金玉がきゅっ~と、下っ腹の方にせりあがってきていた。

しかし終始話をしてたのは温和そうなジジイの方だった。

『さっき電話で話した者だけど、お父さんかお母さんはいるか?』
ジジイが別に怒っている素振りもなくオレに話しかけた。

「えっ、い、いや、まだ帰ってきてないですけど・・・。」
オレはオフクロに出てくるなと言ってたので、オフクロは家の奥で会話を聞いていた。

『そうか・・・、それじゃあ車で少し待たせてもらうから。帰ってきたら教えてくれるか?』
もう一人の男は何も言わず、黒目が見えるか見えないかほどの鋭い目つきで黙ったままオレを見ていた。そしてその男たち越しに後ろを見るとエンジンを掛けたままの黒塗りのベンツが止まっていた。

「わ、分かりました・・・。」
アカン・・。こいつら帰らねぇ・・。どうしよう。今さらオフクロ家に居ますなんて絶対言えない。それ以前にこんな奴らに会わせたらオフクロがヤバイ事になる。 ちくしょう、どうしよう・・・。
こういう時に限って親父は家に居なかった。 っていうか帰って来なかった。自分の都合の悪い時はどこに逃げていたのか分からないが、家に帰って来なかった。 なので借金取りが来たときの対応は全部オフクロがしていた。そういう親父だったのだ。 なので親の事は関係ないと普段思ってても、オフクロの事はオレが守らなきゃとは心のどこかで思っていた。

『あっ、それからさっき電話で話したのは僕か?』
ジジイが振り返り、思い出したようにオレに話した。

「えっ!? 電話? いや、自分さっき帰ってきたんで・・。たぶん弟のキミヒコかな~?」
アウト・・・。 即席で弟を作ってしまった・・・。 もう無理だ。 っていうかキミヒコって誰だ・・。
 
『おう、なんだ!弟もいるのかっ!まぁいいや、じゃ車にいるから頼むな!』
そう言うと2人は車に向かって行った。

玄関を閉めて家に入っていくと、オフクロが電話の受話器を持っていた。

「なんで受話器持ってんだよ。」オレが聞くと、

『大丈夫だった!?何かあったらすぐに警察に通報しようと思ってね。 ごめんね、大丈夫だった?』

「あぁ、大丈夫だよ。(全然大丈夫じゃない・・。) でもまだ外にいるから少しおとなしくしてた方がいいよ。親父かオフクロが帰ってきたら教えてくれってよ。 ったく、しつけ―よな。」

『ごめんね、もういいから。 シンヤはどこか遊びに行ってきな。後はお母さん何とかするから!』

「うるせ―よっ、平気だよ! いくらヤクザでも中学生にまで手は出さねーだろ。逆に今さら遊びになんか行ける訳ねーだろ。 大丈夫だよっ!」
冷静を装って言ったものの、心の中ではまだ(ジャパニーズマフィア・・・)と、つぶやいていた。

2、30分過ぎただろうか、ふと気付くとオフクロの姿がなかった。
ハッ、と思い部屋の中から外を覗くとオフクロが奴等と話をしていた。そしてペコペコ頭を下げていた。

オレは心配よりも先にそんな奴等に頭を下げているオフクロに腹が立ち、その場所へと走っていった。

「何してんだよっ!! 頭下げてんじゃねーよっ! オフクロがワリィ訳じゃねーだろっ!全部親父のせいだろーがっ!」

だが人が心配しているのをよそに、オフクロとそのジジイはお互い笑いながら話をしていた。

『すみません、優しい息子なんです。本当にご迷惑お掛けして・・。 それではまたこちらからお電話いたしますので・・・』
オフクロが言うと、

『あぁ、分かった。まぁ大変だと思うけど、連絡が取れないとこっちもどうしていいか分からないからな~。 親父さんにも困ったもんだな~、まぁ頑張って下さいよ! それから僕、ちょっとコッチおいで!』
その2人組のヤクザらしからぬオフクロに対する優しい対応に拍子抜けしていると、ジジイはオレを車の中に呼んだ。

「なんですか?」
悲しいかな、生まれてはじめてベンツに乗ったのがこの時だった。しかし車中を見物する余裕などはなく、バックミラー越しに運転席にいる元プロボクサーの薬師寺 保栄のような目つきの、さっきジジイと一緒にいた男と眼が合った。それがまた不安を覚えさせた。 

『ごめんな、兄ちゃん。でもな、おじさんは兄ちゃんのお父さんに貸してる物があるんだよ。でも返す返すって言って何日も返してもらえないで、そのうち電話にもでなくなってな。 兄ちゃんだって友達に物を貸して返してもらえず、そのうち連絡が取れなくなったら不安になるだろう? 別に兄ちゃんや君のお母さんが悪い訳じゃないのはしってるけどな、ただ連絡取るには電話して君やお母さんに話すしかないだろう? おじさんもな、あんな電話して悪かったとは思ってるけどな、おじさんの気持も分かってくれよな。』

期待? とは裏腹にジジイは優しくオレに説明してくれた。そして、

『ごめんな兄ちゃん、電話したの俺なんだよ。 でも兄ちゃん、いい啖呵切ってたぞ!』
薬師寺が運転席から振り返って言った。笑い顔になるとほとんど黒目が見えなくなっていた。

『でもビビらないでちゃんとお母さんを守ったのは偉かったぞ! でもウソってバレバレだったけどな!』
薬師寺が笑いながら言うと、ジジイの方が財布を取り出し『ほら、これで母ちゃんと美味いもん食ってきな。』と言って一万円をオレの手に握らせた。

「いや、いいです。」と言うと、『迷惑料だよ!いいからとっときな。』
そう言うとオレを車から降ろし2人は帰って行った。

ビビり損だったが、少しだけ温かい気持になった。

まぁ、こんな借金にまつわる話が山ほどあるのだが、話を戻すとやっとオフクロは親父と離婚できたんだ。
オレが23~4ぐらいの時だったかな? 今思うともっと早くそうするべきだったんだけど、オフクロはオレの為にずっと我慢しててくれたんだよね。
ただ離婚する時も簡単にいった訳ではなかった。
ある時オフクロがオレが一人暮らしをしていたアパートにきて言った。
『シンヤも知ってると思うけどね、お母さんもうお父さんと別れたいのよね・・。でもあの人分かったって言っても離婚届にハンコ押してくれないのよ・・。シンヤ押してもらってくれない?』

「わかったよ・・・。」 とは言ったものの、さすがにオレもすぐ親父の所へ行き「書けよ。」なんて簡単に言える訳でもなかった。
オフクロの筆跡だけがある離婚届を預かり、数日が過ぎた時に久々に親父と現場が一緒になったので、昼の一服中に離婚の話を切り出した。




インフルエンザの猛威に怯えながら続く・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。