スポンサーサイト

Posted by 友進 on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった・・・。

Posted by 友進 on 07.2011
Category : 建築
先週、日頃からお世話になっている和泉電気さんの手伝いで、イルミネーションの取り付け工事に行ってきた。
和泉電気さんの応援と言っても、そのまた上に親会社がいて、和泉電気さんもその会社に応援に行くといった形だったのだが、和泉電気さんからは、社長のお兄さんであるトシさん一人と、自分と、あとはオレの所で働いているウラの3人で応援に行った。
仕事としては、クリスマスのイルミネーションを駅のロータリーや商店街に取り付ける工事で、子供達がそれを見て 「きれいだね~」 なんて笑顔で言ってさ! とてもやりがいのある、大変だけど楽しい仕事だったんだけど、問題はそこの親会社の親方だった・・・。

たぶん歳は60代半ばだろうか、名前は佐藤といった。 まぁ元気のいいというか、よく喋る親父だったんだけど、とりあえず人の話を聞かない奴なんだよね。 例えばこう。

佐藤 「次はこの飾りを付けるから、そっちからまわってくれよっ」

オレ 『はい! じゃあさっき言ってた作業はやめてこっち優先でいいんですね!』

佐藤 「いいからお前は昼までにここのルート全部付けりゃいいんだよっ! できるよなっ!? 」

オレ 『は、はい・・・。 いや・・、だから佐藤さんが言ってた飾り付けを先にやるんですよね?』

佐藤 「後とか先とかじゃねーだろう? あれだよっ!にいちゃんはずっと俺と一緒についてくりゃいいんだよっ!」

オレ 『・・・・・。』

話がかみ合わないというか、言ってる事が支離滅裂で訳が分んないのだ。こんな会話が一時間に3回ぐらいあり、オレのドタマもかなりヒートしてきたのだが、でもそこは和泉電気さんもお世話になっている会社だし、オレみたいなペーペーがとやかく言える立場でもなく、ひたすら我慢するしかなかった。

あとはこんなの。

佐藤 「おいっ、にいちゃん! これ昼までに終わらせとけよっ!あっちの作業も山ほどあるんだからよ! さっさと頼むぞ!」

オレ (こ、こんなに・・・)『は、はい・・。頑張ります。』

佐藤 「頑張るのはみんなできるのっ! にいちゃんは黙って昼までに終わらせりゃいいのっ! ったく・・。」

オレ 『・・・・・。』

もうね・・・、オレも30半ば過ぎてさ、こんなジジイにバカにされながらというか、そいつも一人親方で従業員なんかいないくせしてさ! あ~!!思い出すだけで腸が煮えくり返るっ!!!!  でも我慢、我慢。
オレは我慢してたよ~。      3日目まで・・・・。

イルミネーション工事3日目。
いつものように佐藤があーでもねー、こーでもねー言いながら一人でわめいてる。
オレ等は知らんぷりして作業してたんだけど、佐藤がまた・・・。

佐藤 「おい、にいちゃん! この電線向こうに引っ張ってくれやっ!」

オレ 『はいっ!  佐藤さん、この電線このポールの外回すんですか?それとも中にそのまま通していいんですか?』 
(普通に質問しただけだよ?ポールの中か外かだけ。)

佐藤 「おい、お前ちょっと俺の方向いて立ってみろ! そこじゃないだろっ?こっちだろ!?(首根っこ掴まれて引っ張られて。)  お前から見て真っすぐはどっちだ!? このポールの外が真っすぐか?」

オレ 『いや・・・。中に通すか外に通すか聞いてるだけじゃないすか・・・。』(もう爆発寸前です・・。)

佐藤 「ったく! (また首根っこ掴まれ引っ張られて・・。) こうっ! こうでしょ!? にいちゃんから見て真っすぐはこうっっっ! こうっっっっ!!!!(両肩を掴まれてガクガク揺らされているオレ)」


オレ 『うぉらぁぁぁぁぁ!!!!ふじゃけんなこの野郎っっっっ !!!!!てめぇさっきから人がおとなしくしてりゃあ、なんだぁ?この野郎っっっ!!! そんなもん中か外か言えばいいだけだろうがっ !しかも人の首根っこ掴んで何様なんだテメ―はっ!!! ふじゃけんなっこの野郎っっっっ!!!!』

佐藤 (ビクッ!!てして)「は、はい、お帰り下さい・・・。ウチにはそんな暴力団みたいな人はいりません。 はい、お帰り下さい。」

オレ 「ちょっ、いやっ、だっていくら仕事とはいえ人の首根っこ掴んで物を言う事はないでしょう!?」

佐藤 『はい、お帰り下さい。もうウチには来ないでください。お帰り下さい・・・。』

オレ 「くっ、うぐぐぐぐぐっ・・・。 ざけんなっ!コッチこそごめんだよっ、テメ―みたいなイカレタ野郎の仕事はっっ!!! ウラ、帰ろーぜっ!」

トシさんに事情を全て話し、トシさんもオレがずっと我慢をしてる事を知っていたから、「ゴメンな~、ったく、あのクソ親父は・・・。俺は帰る訳にはいかないから、悪いけど電車で帰れるかい? ホントにごめんな。」 と、優しくオレ達に気を使ってくれ、そこでオレもやっちまったと事の重大さに気付き我に帰った。

オレはそんな文句を言える立場にいないのに・・・。 もしこれが理由で和泉電気が佐藤に仕事を貰えなくなったら・・・。

オレはトシさんにひたすら頭を下げ続け、『とりあえず電車で帰ってすぐに和泉の社長に謝りに行きます。ホントにすみませんでした。一応帰る前に佐藤の社長にも謝りに行ってから帰ります・・。すみませんでした。』 と言い、佐藤のところへ謝りに行った。

オレ 『仕事をいただいてるのに、ご迷惑おかけしてすみませんでした。お世話になりました。失礼します。』 

佐藤 「おいっ、言っとくけどな、正しいのは俺だぞ!? 分かってるだろうな? 俺の言う事が全部正しいんだよっ!! はいっ、お疲れさん。」

オレ 『・・・・・。  はい、すみませんでした。失礼します。』

(こういう時なんだろうな~、人を危めてしまう時の人の気持って・・・。)などと思いながらウラと2人で現場を後にした。

久々に乗ったバスと電車で八王子まで帰り、すぐさま和泉の社長の所に謝りに行った。

オレ 『すんません、今日現場で佐藤さんと揉めちゃって・・。現場出禁になっちゃいました・・・。』

和泉 「えっ!? 何!?どうしたの?何があったの?」 

オレは事情を全て社長に話した。

和泉 「ふ~ん、あの野郎も偉くなりやがったもんだなぁ~、シンヤに関わらずウチの人間にそんな事するとはなぁ・・・。 大丈夫だよ!俺があんな会社ブっ潰してやっから!』と言い、携帯を取り出しトシさんに電話を掛けていた。

「おいっ、どういうことなんだよっ! なんでウチの人間があんなジジィにそんなこと言われなきゃいけねーんだよっ!! テメ―がしっかりしてね―だからだろーがっっっ!!! おいっ、今からテメ―も佐藤の親父ブっ飛ばしてすぐ帰って来いっ!!!!!」

なぜか怒りの矛先がトシさんに向いてしまい、オレが 『いやいやっ、トシさんは何も悪くないんだよ、オレが我慢できなかっただけだから!!悪いのはオレだから! ホントにトシさんは悪くないからっ!!(汗)』と言うと、和泉がトシさんとの会話で 「何? 謝ってきた? それを先に言えよ! まぁでも今さら謝っても遅いよな~。 まぁいいや、今日だけ現場こなしてもう佐藤の所には行かなくていいからっ! そんじゃ!」と言い、電話を切った。

「あの野郎謝ってきたってよ! もう行かねーけどね! シンヤも気にしなくていいよ! あいつ頭おかしいんだよ。とりあえず飲みに行くべッ!!」と、まぁ和泉の社長には何とか許してもらえたというか、社長も気にはしなかったのだが、これが和泉電気にとって大事なお得意さんだったらと思い本当に反省しました・・・。

でも現場も色んな人がいるけど、稀に見る  嫌な奴  だったね。

田無の現場は途中で出禁になってしまったから写真はないけど、府中の商店街のイルミネーションはしっかりやってきました!
府中6
このガンタンクみたいな高所作業車に乗って

府中
こんなかわいいイルミネーションを付けて行くのです。  オレが・・・。

府中2
こんな風にね、かわいく付けていくのです。   オレが・・・・。

府中3
濡れる・・・ でもなんか、ビンボーくさいなぁ~・・・・。いや、そんなことはないっ!

府中4
よぉーし、そこのカップル。立ちバックでGO!!

府中5
うんっ。やっぱビンボーくせぇや・・。

府中7
佐藤の対応にふてくされて歩いて帰るオレ・・・。 いつか殺ってやる・・・・。

アカン、佐藤にキレたはいいが仕事が・・・。 ちくしょうっ、また仕事を探さなきゃ



スポンサーサイト

Comment

職人遊戯様、いつも楽しく読ませていただき、感謝です。我慢した職人遊戯様は、エライと思います。
でもあんまりガマンが過ぎると自分が壊れちゃいますよね。職人遊戯様は、『心』強いと思います。     サトーみたいなみっともない奴ってゴクたまにいますね。自分より弱い立場の人間に威張ったりすること自体が『ゴミ』です。
そんなゴミがあるかと思えば、百倍素晴らしい、和泉様のようにさわやかなナイスガイもいるわけで・・・。
ホント、色んなひとがいますね~。では、風邪に気をつけて、チャオ!!

2011.11.08 22:45 | URL | ピンクメタボ #- [edit]

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://loud05.blog.fc2.com/tb.php/46-86329f8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。