スポンサーサイト

Posted by 友進 on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父とオフクロとオレの話。2

Posted by 友進 on 29.2012
Category : 家族
オレとオフクロの居場所をどう探し当てたのか分からないが、親父がいきなり現れた。
「お前らこんなところで何やってんだっ!」
そう言われると親父の車に強引に乗せられ、オレとオフクロは黙って元の家に帰るしかなかった。
オフクロも抵抗すると親父にまた暴力を振るわれるから怖かったのだろう。
家に着くと、「シンヤはちょっと職人さんの家に行ってきな。」と親父に言われ、オレは迎えに来た当時親父の下で働いていたシモちゃんという職人さんの部屋に連れて行かれた。
シモちゃんに、「大丈夫だよ、また三人で暮らせるようになるから! でも親父とねえさん(オフクロは働いていた職人さんからねえさんと呼ばれていた。)にも困ったもんだな・・・。」と言われ、オレは黙ってそこにいる事しかできなかった。
一時間ぐらい経っただろうか、オレはオフクロの事が心配になりシモちゃんの部屋を飛び出し親父とオフクロの所へ向かった。
そこで見たのは、仁王立ちで怒鳴り散らしている親父と、正座して泣きじゃくるオフクロ。 そして畳には包丁が刺さっていた。
オフクロは鼻血をだしながら「すみません、すみません・・」と、ひたすら謝っていた。
オレは、オフクロの所に泣きながら駆け寄り抱きついた。 そうすれば親父も、これ以上オフクロを殴るのをやめると思ったから。
さすがに親父もやり過ぎたと思ったのか、「今度そんな事したら今度はホントにぶっ殺してやるからなっ!!」と言い、親父は何処かへ行ってしまった。
そしてオフクロはオレを抱きよせると、「ごめんね・・ごめんね・・・。」と、ただひたすら謝っていた。

ただオレはこんな事があったにも関わらず、また親子三人で暮らせるのが嬉しかった。
今思うと何故だか分からない。 当時はオフクロに何回も「お父さんと離れて暮らそう。」と言われても、オレは『嫌だよっ!三人がいいよっ!!』の、一点張りだった。
アホなガキだ・・・。 ただ淋しいだけで、オフクロには辛い思いをいっぱいさせてしまった。

そんなこんなでまた三人で暮らすようになるのだが、オレが小学生の頃はホントにビンボー極まりない暮らしだった。
相変わらず月末になると親父とオフクロの怒鳴り合いの喧嘩が始まる。 支払いが出来ないとか、どうやって暮らしていくんだとか、まぁ、金の事で喧嘩はしょっちゅうだった。
とりあえず家の電話は親から出るなと言われてたから、出れなかったね。ほとんどが支払いの催促の電話だったから。
あとは居留守。
誰かが訪ねてくると、オフクロが 「シンヤッ!ゾンビが来た!ゾンビが来たぞっ!!静かにしろっ!」と言い、オレはオフクロと一緒に、人の気配がなくなるまで毛布の中に包まっていた。
オレは『もう、行ったかな?』と言うと、「ゾンビは帰ったふりをするから、帰ったと思ってもそれから30分は動いちゃダメだっ!」と、オフクロに言われていた・・・。 
何気にこのやり取りを、オレは当時結構楽しんでいた。
オフクロが当時どんなに辛かったかは想像がつかない。でも当時子供のオレには、そんな遊び心で辛い思いをさせまいと必死だったのろう。
オレが中学に入ってしばらくするまでは相変わらずの暮らしぶりだった。ただオレはもう親父とオフクロの事はそっちのけで、友達と遊び呆けてたし、もう親の事は関係ない、勝手にしろと思っていた。
家の電話も勝手に出るようになった。友達からの誘いの電話があるから、電話に出るなと言われても『うるせー!、テメェらの都合でなんで電話に出ちゃいけねぇんだっ!』と言い、もう親の事は関係なくなっていた。
しかしある時、家の電話に出ると、【お父さんかお母さんいますか?】という電話が掛かってきた。  ホントに誰も居なかったので『今居ませんけど。』と言うと、【じゃあ帰ってきたら〇〇から電話があったと伝えてくれる?】と言われたので、『はい。』とだけ言って電話を切った。
するとその五分後にまた同じ奴から電話が掛かってきて、【帰ってきた?】と電話があった。 『いや、まだですけど・・。帰ってきたら電話させますんで。』と言い、電話を切った。 するとまた五分ぐらいしてから同じ奴から電話があり、【もう帰って来たでしょう?お父さんかお母さん電話に出してくれる?】と言われた。
『いや、まだ帰って来ないですよ・・。帰ってきたら電話させますからっ!】と言い勝手に電話を切った。
また金の催促の電話だと分かっていたので、あまり強気にはでれなかったが、そのしつこい電話にブチ切れる寸前だった。
案の定、今度は三分後ぐらいに電話があり、【もう帰ってきましたか~?】と、今度は人の事を小馬鹿にしたような口調で同じ奴から掛かってきた。
さすがにオレもブチ切れて、『さっきから何回もウルセーんだよっ!!! 何なんだテメ―はッ!!!用事があんなら直接家に来いやっ!このバカ野郎がっ!!!!!!』と電話口で怒鳴ってしまった。 すると、【なにっ~!?バカ野郎だぁ~!?テメェは息子か? おうっ、今から行ってやるから待ってろっ!!逃げるんじゃね~ぞ!?】と、明らかに堅気じゃない口調で返してきた。
『か、勝手にしろよっ!居ねーもんは居ねーんだよっ! テメ―がしつけ―からだろうがっ!』と返したが、言い終わる前に電話は切れていた。
まぁ関係ねーやと思いTVを観ていたら、一時間ぐらいしてからだろうか、オフクロが帰ってきた。
『おう、さっき〇〇さんていう奴から電話が何回もあったぞ。 しつけ―から怒鳴って直接来いって言ったら今から来るってよ!大丈夫だよ、来たらオレが追い返してやるからよ。』と言ったら、「あんた〇〇さんにそんな事言ったのかい!? なんて事言ったんだ!その〇〇さんて人はヤクザなんだよっ!! あんたはもういいから、とにかくどっか友達の所へ行ってきな! 今日は帰って来なくていいからっ!早く行きなさいっっ!!」と、オフクロは尋常じゃない焦りっぷりを見せオレに言った。
『ヤ、ヤクザだろうが何だろうがそんなもん関係ーねーよ・・・。いいよ、来たらオレが話ししてやるよ・・・。』と、強気に言ったものの、頭の中では(ヤバい・・なんて事しちまったんだオレは・・・)と、頭の中ではオレの方が焦っていた。でもオフクロを一人にさせる訳にはいかねぇ。でも来たらなんて言えばいいんだろう・・・。と思っていたその矢先、家のドアがドンドンッ、ドンドンッ、と、音を立てた。


続く。
スポンサーサイト

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://loud05.blog.fc2.com/tb.php/53-7a05c2d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。